お知らせ

5.22019

ARKLEAGUE2019 BREAKARK WINNER TAISUKE!


【B-BOY Taisuke PROFILE】
BREAKARK オーガナイザー
BREAKARK 2019 CHAMPION
プロブレイクダンサー

幼少期から類い稀なるセンスで数々のタイトルを獲得し、キッズダンスシーンの立役者となる。
2007年に上京し、瞬く間にその才能が開花。日本人初のソロ・バトルでの世界大会優勝に留まらず、
チームでも THE FLOORRIORZを率いて日本人初の世界大会三連覇を果たすなど、
国内外で50回以上の優勝経験を持つ、まさに日本を代表する BBOYである。
BBOY初のスポンサー契約を獲得した先駆者でもあり、日本のダンスシーンを語るには欠かせない存在である。
その他にも各種メディアや三浦大知『REPLAY』MV出演など活動の幅は様々。
地元長崎県佐世保市の観光名誉大使、THE FLOORRIORZとして神奈川県川崎市の産業親善大使も務めている。


ブレイキンについて
ブレイキンは、1970年代にアメリカ・ニューヨークのサウスブロンクスで生まれ、喧嘩などで相手に手を加えることなくダンスだけで決着をつけた事から始まったと言われています。
頭で回ったり背中で回ったりするなどの派手なパフォーマンスが最大の特徴で、他のストリートダンスとは違い“バトルカルチャー”としてここまで発展し続けてきました。
「BREAK」は当時DJが流す音楽の曲と曲の間奏(BREAK PART)で激しく踊っていたことからその名がつき、彼等のことを“BBOY, BGIRL”と呼んでいたとされています。
近年ではストリートダンスが日本の学校教育の必修科目となったほか、昨年ブエノスアイレスで開催されたユースオリンピックではブレイキンが正式種目に採用されるなど新たな歴史のスタートを切りました。
個人戦だけでなく団体戦などもあり、大会によって対戦方式が異なります。審査はジャッジの主観がメインで行われていますが、近年ではジャッジシステムを導入した採点方式で行われる大会も出てきています。


BREAK ARK 開催の背景
日本のブレイキンの歴史は1980年代にスタート。
以降30年間、カルチャーとしてシーンは成長してきました。
世界タイトルを獲得する日本人を輩出してきたほか、昨年開催されたユースオリンピックでは、女子が金メダル、男子が銅メダルを獲得するなど、日本のレベルの高さを世界に提示したこともメディアを通じて大きな話題となりました。
しかし、アメリカでブレイキンが興って以降、日本と同じく成熟してきたフランスや中国、韓国などでは、国内で頻繁に世界大会が開催されている一方で、日本では昨年になってようやく国内初となる世界大会が開催されたほど、シーンから大きな遅れをとってきました。
その背景には、ブレイキンのカルチャーとしてのルーツからくる「ブレイキン≠スポーツ」「B-BOY≠アスリート」という考え方が根強くありました。
そうした中、2019年2月、2024年パリオリンピックの追加競技候補にブレイキンが選ばれ審査段階に入ったというニュースが世界を駆け巡りました。
カルチャーでありスポーツ競技として、今まさに、ブレイキンシーンの新たな歴史の扉が開かれようとしています。


“BREAKING THE AGES”
ブレイキンシーンの壁を打ち破るべく
誕生した第3の箱舟
BREAK ARK!

2019年春、BMX フラットランド世界大会「FLAT ARK」、スケートボード世界大会「SKATE ARK」に次ぐ第3の箱舟、ブレイキン世界大会「BREAK ARK」が開催されました。

大会オーガナイザーをつとめるのは、B-BOY TAISUKE。
幼少期からその圧倒的なダンスセンスで国内外のコンテストを渡り歩き、
現在のキッズダンスシーンの礎を築いたTAISUKEは、日本人初となる個人での世界大会優勝という偉業を達成。
チームとしてもヨーロッパの老舗イベントBATTLE OF THE YEAR(ブレイキン界のオリンピックと言われている大会)で”THE FLOORRIORZ “のリーダーとしてチームを牽引し、日本チーム初優勝を掴み取るとともに、そのまま大会史上初となる三連覇も成し遂げるなど、ブレイキンシーンに大きな影響を与え続けてきました。

世界で数々の戦いを経験し、世界に通用する日本人BBOY/BGIRLの強さを知るTAISUKEだからこそ感じた“悔しさ”。
それは、カルチャーとして発展してきた一方で、競技(アスリート)として世の中に認知されず、他のストリート競技からも遅れをとってしまっている日本のブレイキンシーンの現状でした。
そうして、「シーンの壁を打ち破り、すべてのダンサーの可能性を広げる突破口となる大会を創りたい。」
というTAISUKEの強い想いのもと生まれた「BREAK ARK」。
ルール、ジャッジシステムを含めた全てが完全オリジナル。
“カルチャーでありエクストリームスポーツ”として、ブレイキンの新しい形を提示することを目的とした世界大会です。

2024年パリオリンピックの追加種目候補となり、今まさに様々な業界から熱い視線が注がれているブレイキン。
正式種目への採択に向け世界の関係者がシーンの動向を見つめる中、大きな一石を投じることとなる世界大会が今年、日本に誕生しました。

TAISUKEオフィシャルサイト
http://bboytaisuke.com/

Yahoo news 2019/05/01
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00010000-fineplayv-spo&p=1

arkleague公式ホームページ
http://www.arkleague.com/

神奈川県公式ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/tz5/prs/r9560669.html

寒川町公式インスタグラム
https://www.instagram.com/p/BsXfX_Nluan/

寒川町公式ホームページ
http://www.town.samukawa.kanagawa.jp/

ジオナ スポーツ公式インスタグラム
https://www.instagram.com/p/BsZOffonhg0/

BBOY TAISUKE BRAND REIGINAL
https://www.rakuten.ne.jp/gold/juju-giona/feature/bboytaisuke/

過去の記事

  1. 10.152019

    台風19号で被害にあわれた皆様にお見舞とお悔やみ申し上げます

    台風19号で被害にあわれた皆さまに心よりお見舞を申し上げるとともに、亡くなられた方、ご家族様にお...

  2. 10.112019

    MUSIC TOY BOX vol.4 開催のお知らせ

    【MUSIC TOY BOX vol.4 開催のお知らせ】◆ GISE presen...

  3. 9.272019

    第3回少年少女サッカー大会ジオナカップ(U-9)開催報告書

    第3回少年少女サッカー大会ジオナカップ(U-9)報告書 日程 2019年9...

ページ上部へ戻る